クロレラの副作用

医薬品には副作用がつきものですが、健康食品であるクロレラには副作用のような問題があるのでしょうか?
食品アレルギーなどがあるように、どんな食品でも万人に良いとは限りません。
同様に、クロレラが体質に合わない方もいるかもしれません。
だからといってクロレラが危険というわけではなく、個別に注意すべきということなのです。

 

クロレラは緑藻類の一種で、健康体の人であればさして問題は起こらないでしょう。
ただし、持病のある方や投薬中の方には注意が必要です。
例えば、ワーファリンという医薬品を使用しているのであれば、相性の良くないクロレラを摂取するのにはリスクがあります。
クロレラに含まれるビタミンKと、折り合いが悪いのです。
ワーファリンの効果が消されてしまう可能性があるため、クロレラに興味があるなら主治医に相談してみましょう。
通常の食品に含まれるビタミンKとどこが違うのかといえば、クロレラ製品には成分が凝縮されているのです。

 

特に病気にかかっていない人で心配な場合は、クロレラを少量ずつ飲んでみてはいかがでしょうか。
どんな健康食品にも推奨される目安量がありますが、それよりも少しの量から試してみれば、自分に合うか合わないかがわかるでしょう。
問題ないようであれば、摂取目安量まで増やしてみて大丈夫です。

マスコミで話題のスピルリナ配合サプリメント